Capture The Frog

かえるぴょこぴょこw

MENU

C言語って何? のんびりC言語

 


ここでは、のんびり、でも詳しく
c言語の概要について書いていきます。
カッコの中は、その直前の言葉をわかりやすくしているつもりです。
厳密には解釈が違うかもしれないですけど、大目に見ていただけると幸いです。

C言語とは,nannzoya

C言語とは、”プログラミング言語の一つで、コンパイルと言う手順を踏むことで動かせる言語です。”
なんか、難しい言葉がいっぱい出てきましたが、嫌にならないでくださいね。


プログラミング言語とは、上の写真のような感じで、パソコンやスマホのソフトウェア(アプリ)を動かすときに使われる、
書いた人からパソコンへの命令文のことです。
皆さんが普段使っているスマホのアプリも、何らかのプログラミング言語で書かれているんです。

そして、コンパイルとは、コンパイラと呼ばれるプログラム(アプリ)でプログラミング言語を解釈していく作業のことです。 例えるなら、人間の”消化”のような作業です。

1,ごはんを食べる
・コード(なにかのプログラミング言語で書かれた文)を書く
2,ご飯の栄養素を効率よく吸収できるように、胃で消化する
・コードを効率良く実行できるようにコンパイラコンパイルする 

余計に混乱させてしまったら、申し訳ないです...笑
でも、とりあえず、コンパイルっていうのは、"効率良く(速く)実行できるようにするための作業なんだよっ。((必死の弁明

自分が思うC言語の利点について

上のとこで、”コンパイル”についてちょっと説明したのですが、C言語、他のコンパイル型言語はこれがあることによってもたらされる利点が大きいのです。
・実行速度がめちゃくちゃ速い
みなさんも、スマホのゲームとかで重くなることありますよね...
あれは、CPUに負荷がかかっていることが原因なのですが、c言語は”コンパイル”をしているので、 CPUへの負荷が小さくなります。
c言語の実行速度は、プログラミング言語の中でも最速と言われています。
ここからは、C言語についての特徴ですが
・シェアが大きい
プログラミング言語の世界では、次々に新しい言語が出てくるので、今はあまり使われない廃れていってしまう言語も数多くあります。
しかし、C言語は上にも書いた通り、CPUへの負荷が小さいです。ということは、別にすごいCPUを使わなくても動くってこと。ってことは、色んな小型機器に組み込めるってことなんです!(激アツ
そうした理由から、c言語はシェアは少し狭まってしまいましたが、ずっと使われているんです。
現在では、炊飯器・洗濯機のボタン、またlinuxなどのOSにも使われています。
また、これからは物とネットがつながるIotの世界がやってくると言われています。
そのため、これからもC言語は使われていくと思います。
自分が思うC言語の利点は、軽くこんな感じです。
でも、一般的に言われてるのは..
以下、一般論

c言語には歴史があって...
C言語プログラミング言語開発の初期段階からあります。
そのため、後から出てきたプログラミング言語C言語を基にしています。
なので、他の言語への移行性があるのです。

だそうです。笑
ここについては、ちょっと反論したいとこあるんですよね。笑
C言語には、その拡張版?としてC++,C#っていうのがあるんですけど別におんなじ感じで書けるっていうわけでも無いしな...((おっと、誰か来たようだ
まあ、のんびりC言語の概要と利点について説明しました。
実際にこれからC言語をやっていこう環境開発とかの記事も出していこうと思うので、他のブログも見ていってください。
また、ここの説明おかしいよとか指摘があったら教えてください。まだまだ、若造なので有識者の方、どうぞよろしくおねがいします。